--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.21 久しぶりに走り、
走りって、ジョギングじゃないんだ。
そう、バイクで走って来た。
なんかねえ、5時45分くらいから
走りたい気持ちが沸々わいて来て、くり出したわけよ。

まず小田原まで行った。そこは思い出の場所。

市立大学の入試が終わった日、
「桜でも見に行くベ」
って思って、ここよりか1ヶ月くらい早く咲く桜が咲く
伊豆半島の南の方の河津って所を目指したんだけど、
はあ、今でもあの凍えた感覚を思い出すよ。
平塚あたりから雪が降り出して、走るにつれてどんどん雪の粒がでかくなって、
小田原で限界を感じた。それでローソンに直行!
その頃にはもう手足の感覚がほとんどなくて、凍傷したんじゃないかって思った。
おでん食って、カイロを体中に張り付けて帰った。
その日の試験も落ちてたしさあ。

小田原から有料道路の箱根ターンパイクで箱根へ。

そこもエピソードがあって、
さっきとはまた別の時に
50CCのバイクで走りに行ったときに
125CC以下は走っちゃいけないってこと知らなくて、
あっちも止めなかったから、料金所越えたんだけど、
すぐそこにパトカーが居座ってて、
「やべえっ、捕まる!」
って思って、焦ってUターン!
すごい走りたかったのに、我慢。

あのときの走りたかった気持ちを半年忘れてて、今日思い出した。
ホントスッキリした。

有料区間が終わって、芦ノ湖まで行ったんだけど、途中で雲の中に入っちゃって、
先が5mくらいしか見えないもんだから、すごい安全運転だった。
ライトの光が雲にあたって、前は真っ白。
対向車が来たときには、眩しくて、全部白!
ホント危ない時間を過ごした。

芦ノ湖畔を走って、箱根駅伝の道で茅ヶ崎まで出た。
そのあとは海岸沿いを走って、片瀬海岸辺りで、
横須賀の花火が見えた。
花火って、あんまり遠いと大して感動しないね。
もっと近くで見たかった。でも1人で見たって、なんかへこみそう。
ずうっと海岸沿いを進んでかまくらを通って、家に帰ったオレの小旅行でした。

今日(20日)は月がすごいきれいだってことに気付いたのは家に着いてから。
吸い込まれる感じ。

今度は真夜中にどっか行きてえ。
スポンサーサイト
2005.08.20 蝉の話
今は蝉の全盛期だね。
蝉ってのはオレからしてみれば、
夏を3倍暑くするだけの生き物だった。
しかーしっ!!
この前蝉について真剣に考えた結果、
……、蝉すげえよ。
今まで単体でしか考えてなかったけど、お前たちはビッグなやつらだ。
ってことになった。
よく聞くけど、
「蝉って地上に出いて来て1週間で
短い命を終えるんでしょ?」
こんな事はみんな知ってる事!
「そのために7年間も土の中なんでしょ?」
(17年間いるのも海外には居るんだって!)
「ってことは7日間鳴くために7年も土の中で我慢してるんじゃん!」

ちょっとまった?!
蝉って鳴くために生きてるの?
土の中にいるのは本当に我慢?
そんな事を思った。
オレらって、結構自分勝手な意見ばっかりだね。
蝉は土の中より外の方がレベルが高い事だって心の裏ではそう思ってるから、
7日のために7年努力してるって考える。
ホントはさあ、土の中の方がエンジョイしてるかもよ。

おっと、話がそれた!
オレが本当にいいたかったのはこれじゃない。
下らないと思う人いるかも知れないけど、
一番言いたかったのは、

蝉ってさあ、地上にいるのは7日間で死んじゃうんでしょ?
7年間は地中で成長するんでしょ?
ってことはさあ、蝉が鳴く期間を、
仮にお盆の1週間だけって決めても、
鳴いている蝉の7倍は確実に土の中にいるってことだよ!
蝉が停まって鳴いてる街路樹の下には、
停まってる7倍は居るってこと!
幼虫の時に死んでしまうのも考えたら、
かなりの量でしょ?
この世はどこも蝉だらけ!
庭にも、
そこの植え込みにも、
歩いた道にも、
下には蝉の世界が広がってるんだよ!

そう、だからおれは蝉たちはビッグなやつらだって思った。
2005.08.10 ただいま! 
7日から3日間キャンプに行ってました。
遊びじゃないッスよ、これもお仕事の一環です。
バイトで引率をしたわけ。
それで、今日片づけをしてきました!

疲れたわ。中学生ってパワー余りまくってるんだね!
そんな人々の付き人だったから、
体の色んなとこ痛え?。特に腰ね。
遊びについて行くのがこれまた結構辛いんだ。
おもしろいんだけどね。
薪割りとか火の番の手伝いは重労働。
今も痛いんだよ、腹筋足りないのかな?

足見たら10箇所以上蚊にくわれてて、
あれって気付くとかゆくなるんだね!
見た直後異常にかゆくなってきてさ、
「今すぐキンカンの風呂に入りたい」
って気持ちだった。
足の裏刺されるとどうしようもないんだよ!
歩く度にかゆくなってさ。

あとね、首を前後に動かして頭の匂い嗅ぐと
焚き火臭いなのね。
きのう3回か4回頭洗ったのにさ!
いつになったらとれるんだろう?

今はそんな事を我慢しながらYUKI聞きながら記事書いてます。

そう、もうひとつ書きたい事あったんだ。

きのう夜更かししてテレビ見てたんだけど、
NHKの原爆の話のやつ。

被爆して、背中がほとんどやけどして、
それで、放射線も浴びちゃって、
遺伝子がおかしくなっちゃったんだって。
そのせいで背中の細胞が再生しにくくなっちゃって、
今でもそのときのキズのかさぶたがあるんだ。
もう60年もたったのに。
その人は背中をつけると痛いんだって。
だから車の運転中でも背中つけないんだよ。

そういう人のことを知ると、
日本は被害者なんだなあって思うんだよね。

その人の話のあとに、
アメリカの博物館で、
原爆被害展みたいのを展示するかしないかの議論についてを放送してて、
それは結局軍人を侮辱するって事で展示しない事になったんだけど、
そのときの賛成派の歴史家のグループのひとが、
アメリカでは原爆について
B?29の水平飛行とか、きのこ雲を想像するんだって。

オレは原爆については数えきれない人の命が一瞬で無くなったとか、
後遺症で苦しむ人、
そのときの時計、
原爆ドーム、
ピカ、ドン、
黒い雨、
とか、色んなもの想像した。

こういうように、日本人は被害者だっていう意識が強いんだって。
本当はマニラでの残虐な行為、
捕虜へのひどい仕打ち、
色んな事をやったのに。

それでもってあっちもあっちで
パールハーバーetc被害者意識が強いんだって
(ここら辺は記憶がうつろ、違ってたら教えて)。

要するにお互い戦争全体についてもっと考えなければならないと。
そんな事をいってた。

ん?、考えてみればそうだよ、オレ。
だってマニラでの事知らなかったもん。
60年前の事だからっていう言い訳は通じないよね。

でも、オレ習った記憶ないよ。
授業中寝てたのかな?
良くわかんないんだけど。

でもさあ、教科書とか、社会全体で
日本の戦争の加害者っぷりを
まざまざと見せつけるシーンはないよね。
被害を受けたって事はいっぱいあるけど。

だからこれからは
日本だけではないんだけど、
戦争に参加した国と地域に関わらず、
捕虜の虐待、空襲とか原爆とか、
自分達のした事の影響も含めて、
戦争の隅々まで教育していく必要があるんだって思ったよ。
その結果が平和につながるように。

2005.08.04 にんにくとオレ
ずっと言いたくてたまらない事がひとつある。
今までは言わずに堪えてた。

でももう我慢できない!言っちゃおう!

本当におかしな体験をした!信じられないっすよ!
「それ、確実にネタだろ」って言われてもしょうがないくらい
信じられないよ。
だって、オレも信じられないもん。
実際にあった事なんだけどね。

でも、信じられないと思うから、
作ったんだと疑われるくらいの話だから、
ここからはフィクションだと思って読んだほうが普通に読めるかも。

火曜日、友だちと一緒に学校から帰った。
その途中、電車から降りようとしたとき、
足に何かがぶつかり、硬いものが転がる音がした。

ゴロッという音がしたから、音のする方をみた。そんでにやけた。

ガーリック!

そう、ニンニクが落ちてたんだよ。
もうこの時点でありえないでしょ?
だって、電車ににんにくだよ!何で?
しかも1つだけ。

普通さあ、にんにくって何個かを1つのネットetcでまとめられてるでしょ?
それが、落ちてたのはただ1つだけ(ひとかけらじゃないよ)。
まったく、何?

落とした人は毎日1個にんにくを携帯してるの?

しかもなんで落ちてんだよ。
ドラキュラは電車乗らないでって事?
それとも誰かの粋なギャグ?

でもほんとは、なにかしら理由があって落ちたんだろうけどさ。

そのにんにくがめっちゃ気になったから、
ついつい拾っちゃったよ。
そしたら目の前のおばちゃんと目が合って、

「これ、良いにんにくだよ?」

確かに言われてみると、すごい形が良くて、
見てるだけで食欲が湧いてくる。

おいおい、そういう事じゃねーよ!

てか、おばちゃん笑いをわかってるよ、多分。
普通の人は、

?にんにくを拾っちゃうオレに対して爆笑
?「何でにんにく落ちてんだろうね?」って言う
?無視

じゃん。
それが、今日あったおばちゃんは
にんにくに対してコメントしたんだぜ。
おばちゃん、最強。

それで、拾っちゃってから時間がたったから、
戻すと、
「にんにく置いてる変態がいる、あれって新手のテロ?」
「にんにく大好きな人だけ乗れってか」
って言われそうだよね(笑)

まあ、だから持ったままホームを歩いた。
そのとき、色々考えた。

これって電車に落ちてたんじゃん。
もしも電車に財布落ちてたら
届けるのが普通の人じゃん。
にんにくは落ちてたものだべ?
っていうことはこれは落とし物?
そう、これは落とし物だ。
誰かが故意に置いたもんじゃあないべ?

てか、これとどけたら、駅員ってどんな顔するんだろう?
ちょっと見てみたい、いや、マジで見てみたい。やるしかない。

こんな感じで実行しようと思った。

そんでオレは駅員に真面目な顔で

「落とし物です。先頭車量の一番前に落ちていました。」

駅員爆笑、

友だち爆笑、

オレの心も大爆笑!

でもポーカーフェイス。

でも、自分に嘘をつくのはかなりの重労働で、
後ろ向いてにやにやしちゃったよ。


まあこんな感じの出来事が起こったわけだけど、
信じれる?
結構しんどいベ。

だから信じれる人だけ信じて下さい!

書いてるときに思ったんだけど、オレにんにくネタ前にも書いたよね。
2005.07.22 マイルーム
部屋、きたね?よ。
プリントが化石になって出てきそう。
片付ければ二週間前くらいから消息不明の宇多田ヒカルのファーストアルバム見つかるかな?
3日位前に猛烈に聞きたくなっちゃってさ。
でも期末テスト前だったから普段より勉強に熱が入って、さがす時間がなかったわけよ。
ん?、自分では頑張ったつもり。でもテストは時間切れで終わったりが多くて。
ん?ん?ん?、まあいっか。限界だったな。
あ、でもそう言えばテレビの番組でSASUKEって筋肉番付の後釜みたいなのやってて、
ご飯食べながらちょっと見たときに、実況が「限界はいつも超えられるもの」とか、なんかそういう趣旨の事言ってたなあ。
でも限界ってなんだろうね。
「物事の、これ以上はないというぎりぎりのさかい。かぎり」新村出編(1991)『広辞苑第4版』.岩波書店より引用
でもこれって誰が「これは限界だ」って決めるんだろうね。
自分だったらそれは妥協っていうべきなのかな?てことはオレの勉強は妥協?なんか認めたくない。
ああ、限界ってなんだろう?
限界について考える前にマイルームをきれいさっぱりさせなきゃ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。